本文へスキップ

東京港区の梶田眼科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5730-1313

〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目6−3
協栄ビル4階

梶田眼科院長 Kajita Eye Clinic Director

院長の挨拶

院長写真 近視や遠視を屈折異常と呼んでいますが、眼が原因の体調不良は「屈折異常同一性障害」によって引き起こされていると感じています。男女の「性同一性障害」の問題は徐々に社会に浸透してきておりますが、屈折異常に関しては未だ社会の配慮は全くなされていません。読書や手芸が好きで近視的な性格であるにもかかわらず、学校や職場では1.0以上の矯正視力が得られていないとメガネやコンタクトレンズを直すように指導されています。反対にスポーツや野外活動が好きで遠視的な性格であるにもかかわらず、近くの作業が多く、目が疲れると訴えるだけで、近くが見やすい読書眼鏡や老眼鏡が処方されています。これらの屈折異常同一性を無視した眼の矯正方法は体調を狂わせ、人生を台無しにしてしまいます。眼の矯正は良好な遠方の視力値だけではなく、同一性を保ちつつ適正な屈折を提供することがとても大切です。ただ単によく見えれば良いというものではありません。
今一度、あなたの本来の性格と屈折異常とをしっかりと見つめ直してみてはいかがでしょうか。幻冬舎出版の「人生が変わるメガネ選び」はあなたを明るい未来に導くためのヒントを提供していると確信しています。
                                               院長 梶田雅義


最新のトピックス

家庭画報2月号のビューティウェルネスに掲載されました。

タイトルは「アンチエイジング医療新時代」です。ご興味があれば書店でご覧下さい。


過去のトピックス

BBCニュースに出てしまいました。

テーマは睫毛エクステです。ご興味があればBBCニュースをご覧下さい。


診療内容

眼科 眼科一般 眼精疲労 眼鏡処方


院長の略歴

  1976年 3月 山形大学工学部電子工学科 卒業
  1983年 3月 福島県立医科大学     卒業:同眼科学教室 入局
  1988年 7月 福島県立医科大学 眼科学 助手
  1991年 3月 福島県立医科大学 眼科学 講師
  1993年〜95年 カリフォルニア大学バークレー校 研究員
  2002年 12月 福島県立医科大学     退職
  2003年〜14年 福島県立医科大学  非常勤講師
  2003年 6月 東京都港区芝浦3-6-3 梶田眼科院長

院長の役職

  日本眼科学会専門医試験問題作成委員
  日本眼光学学会理事
  日本コンタクトレンズ学会理事
  日本眼鏡学会評議員
  《過去の役職》
  日本コンタクトレンズ学会常任理事
  日本コンタクトレンズ協議会理事
  日本屈折調節研究会世話人
  IT眼症と環境因子研究班班員(日本眼科学会)
  CL用語JIS化(ISO/FDIS 8320-1委員会委員:財)日本規格協会
  特許庁標準技術集「メガネ」作成委員会委員

院長の受賞歴

  2007年 7月 日本コンタクトレンズ学会功労賞 受賞
  2012年 11月 Best Doctors in Japan 2012-2013  受賞
  2014年 07月 Best Doctors in Japan 2014-2015  受賞
  2016年 07月 Best Doctors in Japan 2016-2017  受賞


Kajita Eye Clinic梶田眼科

〒108-0023
東京都港区芝浦3丁目6−3
協栄ビル4階
TEL 03-5730-1313
FAX 03-5730-1325