本文へスキップ

東京港区の梶田眼科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5730-1313

〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目6−3
協栄ビル4階



屈折異常の説明Refractive Errors

近視遠視乱視

屈折異常の説明

正常な眼位

近視
 近視はそのままでは遠くはよく見えませんが、裸眼で近くは必ずよく見えます。
近視は遠くを見るときにはメガネなどの助けを必要としますが、メガネをかけなくても近くはよく見えます。また、メガネをかけないで近くが見える場合には、メガネをかけないで近くを見ていると、ピント合わせのための努力が必要ではなく、眼の疲れが生じにくい、近業に適した眼なのです。


遠視

遠視
 遠視は遠くがよく見える良い眼だと思っていませんか。実は遠視はピント合わせの努力を続けなければ遠くもよく見えない眼なのです。
遠視眼が近くを見るときには、遠くを見るときよりもさらにピント合わせの努力を強めなければなりません。メガネをかけなくてもよく見える眼のように思われていますが、遠視眼は常にピント合わせの努力を続けなければなりませんので、非常に疲れやすい眼なのです。近視の人は遠くをよく見るためにメガネを装用しますが、遠視の人は眼を疲れさせないためにメガネをかける必要があるのです。


乱視

乱視
 乱視は縦方向と横方向でピントの合う距離が異なる眼です。
乱視の説明は非常に難しいのですが、片方ずつの眼で左のような放射状の線を見たときに、どの線の太さも均等に見える眼は乱視がありません。線の太さが均一ではなく、縦方向、横方向あるいは斜め方向が薄く見える眼は乱視眼です。線の太さが違って見える場合には首を傾げてみてください。鮮明に見える線の方向も一緒に回転します。


Kajita Eye Clinic梶田眼科

〒108-0023
東京都港区芝浦3丁目6−3
協栄ビル4階
TEL 03-5730-1313
FAX 03-5730-1325