本文へスキップ

東京港区の梶田眼科です。

ナビゲーション

《梶田眼科からの重要なお知らせ》

梶田眼科の診療は2024年3月30日の午前中で終了します。
4月1日からは現副院長が「大口眼科」として、診療を継承します。安心してご受診頂けるようしっかり引き継ぎますので、引き続きよろしくお願いいたします。
       梶田眼科 院長 梶田雅義

    大口眼科のホームページはこちら>>

コロナ禍から抜け出して、新しい環境でもタブレット端末やスマホを見る時間が減ることは無く、眼精疲労の患者さん「 スマホ老眼やスマホ斜視」が増加しています。多くの方がドライアイと思っておられる症状は、実は眼の疲労による乾燥感の事が圧倒的に多く、眼鏡やコンタクトレンズの種類や度数を見直すことで、ドライアイ用の目薬が不要になることも少なくありません。
また、眼窩プリーの萎縮による複視「 サギングアイ症候群(Sagging Eye Syndrome)」も増加しています。我慢しないで早急に対応されることをお勧めします。

大変ご不便をおかけしますが、直前のご予約も承っておりますので、必ず予約してからご受診下さい。ご来院の際はご使用中ではない眼鏡やコンタクトレンズも必ずすべてご持参ください。
昨年、Amazon出版で「人生が変わるコンタクトレンズ・メガネ選び」を出版しました。自分が 近視であることに引け目を感じている方や、お子さんの 近視進行でお悩みの方に必読の一冊です。また、慢性の肩こり持続する眼精疲労を患っている方も解決の糸口が見つかることと思います。
自分の眼とうまく付き合うためには、自分の眼の特性を正しく知っている必要があります。時代と共に変わる生活環境に適した自分に合った見え方を手に入れて、快適で楽しい生活を送っていただきたいと思います。

眼鏡やコンタクトレンズ、眼精疲労などの不調でご受診の方は、診察に時間がかかりますので、1〜2時間のゆとりを持って、ご予約下さい。
ご予約状況によっては当日予約ができないこともあります。ご了承下さい。
                 院長 梶田雅義

Kajita Eye Clinic梶田眼科

〒108-0023
東京都港区芝浦3丁目6−3
協栄ビル4階
TEL 03-5730-1313
FAX 03-5730-1325