本文へスキップ

眼科梶田塾

ようこそ、眼科梶田塾のページへ。

information最新のトピックス

2024年4月25日(木曜日)19:30〜20:15
NHK「あしたが変わるトリセツショー」
テーマは極上のメガネです。 元梶田眼科院長が出演します。
極上のメガネを手に入れるためには、メガネを処方する者とメガネを使用する者の両方が個人ごとに異なる眼の特性とメガネレンズの特性を熟知している必要があります。
これらの特性を正しく理解するために、「人生が変わるコンタクトレンズ・メガネ選び」をご一読下さい。 誰でも極上のメガネを手に入れることができます。
もちろん、極上のメガネは「眼科医の処方と眼鏡店のコラボ」で完成することを忘れないで下さい。


information

目のピント合わせは自律神経に寄ってコントロールされており、目の不調は全身の不調を招きます。目と身体の健康を維持するためには屈折・調節・眼位の三拍子揃った視能矯正が必要です。
眼精疲労や交通事故によるむち打ち症で起こるバレ・リュー症候群は自律神経と密接な関係があります。

【最新の出版】

2023年6月 新書籍を出版しました。
近視であることに引け目や負い目を感じている方やお子さんの近視進行でお悩みの方に是非読んでいただきたいです。また、慢性の頭痛や激しい肩こりで苦しんでおられる方にも必読の一冊です。
新書籍写真

2014年に幻冬舎から「人生が変わるメガネ選び」を出版して頂きました。 それを一読してから受診される患者さんの屈折矯正に対する理解度が著しく向上しており、眼精疲労の診療がスムーズに進むようになっていました。
しかし、増刷されなかったため、amazonで一時、2万円を超える価格で販売されたこともありました。
時代とともにスマートフォンの普及も急激に進む中、眼精疲労の発症原因が大きく様変わりしており、以前の書籍では内容が古くなったと感じていました。
合わない眼鏡やコンタクトレンズは眼の易疲労、肩こり、頭痛、近見困難、 複視、眼精疲労、自律神経失調症様の症状などを引き起こします。
本書で自分の目に合ったレンズの選び方を知り、見たいところに負担なくピントが合う快適な目を手に入れ、幸せな人生を送って頂きたいと思います。

  「人生が変わるコンタクトレンズ・メガネ選び」
    Kindle版(電子書籍)定価(本体800円税込)

    新書版(ペーパーバック) 定価(1,460円税込)


本文から抜粋(近視)
「近視の目は一生涯を通してとても快適な目であると思います。もし、あなたが裸眼で快適に本が読める近視の目をお持ちでしたら、裸眼でもっと遠くが見えるようになりたいなどと考えないで、今の目を大切にして下さい。あなたの近視の目は現代社会に適したとてもすてきな目なのですから。」
戻る


本文から抜粋(近視進行)
「学校近視がどんどん進行して強度近視になり、病的近視になると思い込んでいる人も多いようです。後部ぶどう腫(病的近視)は疾病です。誰もが罹患するものではなく、学校近視が進行して後部ぶどう腫になるわけではありません。後部ぶどう腫になった目がたまたま強度の近視の目になっているため、病的近視と呼ばれるようになったのです。」
戻る


本文から抜粋(慢性の肩こり)
「私はメガネ・コンタクトレンズを変えただけで、目の疲れはもとより、肩こりや吐き気がなくなり、体調が回復したという方を何千人も目の当たりにしてきました。中には体調不良がなくなったことで気持ちまで明るくなり、前向きに自分の人生に向き合えるようになった方もいたぐらいです。」
戻る


本文から抜粋(持続する眼精疲労)
「さらに蓄積が進むと眼精疲労となります。こうなると慢性的な頭痛、吐き気、不眠、胃痛、集中力の低下、重いドライアイや倦怠感などを引き起こし、軽いうつ状態になる人もいます。これは度数の合ったメガネやコンタクトレンズを使っていない、ムリをして裸眼で生活をするといったことで、常日ごろから目に負担を強い、それが自律神経のバランスを崩す原因になったと考えられます。」
戻る

【院長の書籍1】

新書籍写真

2018年4月に三輪書店から出版されました。 よく見える眼鏡・コンタクトレンズと快適に見える眼鏡・コンタクトレンズは異なります。
眼鏡やコンタクトレンズの処方に携わる方は、是非ご一読してみて下さい。

【院長の書籍2】

新書籍写真

2021年4月に三輪書店から出版されました。 コロナ禍で増え続ける眼精疲労患者さんへの対応策を症例毎にまとめてみました。
眼精疲労患者の診療に携わる方は、是非ご一読してみて下さい。

サギングアイ症候群について解説

毎日新聞 医療プレミアにアップされました。2022年12月8日
ご興味があれば健康を楽しくするカラダに効くサイトをご覧下さい。
2023年8月4日(金)夕刊フジの「ブラックジャックを探せ」に、院長の診療と新書籍の執筆に掛ける思いの記事が掲載されました。

NHK総合「スペシャル」の放映

2021年1月24日午後9:00〜9:50に放映されました。
写真
写真

【院長の新書】

新書写真

2014年9月に幻冬舎から出版されました。 見えることの考え方を変えると、快適な矯正が得られるようになります。 是非、ご一読してみて下さい。

《レーシックを検討中の方へ》

まずは近視や遠視などの屈折異常について、正しい知識を身につけましょう。あなたにとって、 遠くが見える目が本当に快適なのか、一生涯にわたって、あなたらしく生きるためにどんな見え方の目が最適なのかを、 今一度検討してみて下さい。
幻冬舎新書「人生が変わるメガネ選び」定価(本体740円+税)を一読してからでも遅くはないと思います。
レーシック後の不具合の多くは眼の易疲労、肩こり、頭痛、近見困難、複視、夜間の視力不良、眼精疲労、自律神経失調症様の症状などです。 その原因は、主に調節異常、眼位異常ですが、これらの異常はメガネやコンタクトレンズでも不具合の原因になります。


眼科梶田塾